中高年の求人も多いビル管理業

ビル管理業は、常時求人している会社も多く、対象年齢も問われないので、中高年の就職や転職にも適した業種です。法律を順守する為、表向きだけ年齢不問となっている訳ではなく、この業界は実際に中高年を積極的に採用している企業が多いのです。それは、元々が定年退職者の第二の働き口として誕生した経緯があるので、その影響も大きいようです。実際に、全くの畑違いの業種から、このビル管理業界に飛び込んで来る人も多数います。又、都市部においてはビルの数が増える事はあっても、減る事はまずないでしょうから、今後も安定した求人が望める業種でもあります。ただ、当然ながら求人はビルの多い大都市部に多くなっています。関東地方では東京都に拠点を置くビル管理会社が圧倒的に多く、派遣先も東京都内の現場が主になっている所が多いようです。その意味では、関東地方の場合、東京から通勤圏内の場所に住んでいる人に、特にお薦めの業種と言えるでしょう。

ビル管理業に必要な資格

ビル管理業は、比較的求人が多く、就職や転職先として選び易い業種です。しかし、ある程度の資格を持っていないと、採用されるのは難しいかもしれません。それは、ビル管理業ほど多数の資格が必要とされる業種はないと言われているからです。実際に必要な、あるいは持っていた方が望ましい資格を列記すると、主な物で、ボイラー技士、冷凍機械責任者、危険物取扱者、電気工事士、電気主任技術者、消防設備士、建築物環境衛生管理技術者などが挙げられます。その他にもまだ関連資格はあるので、勿論一遍に取得するのは無理です。まず最初に取得すべきなのは、ボイラー技士(二級)、冷凍機械責任者(第三種)、電気工事士(第二種)といったところで、これらの資格があれば、採用の可能性が高くなります。また、電気主任技術者、特に第二種以上を持っていれば、幹部候補として採用されるケースもあります。

ビル管理の仕事は長く続けられる仕事です

仕事と言うのは長く続けられるものの方が、安心して働き続ける事が出来ます。仕事が安定しないと生活が安定しませんから、人生にとってマイナスとなってしまいます。仕事を選ぶ条件には色々ありますが、長く続けられる仕事を選ぶことが肝心と言えます。長く同じ仕事を続けるためには資格が必要になります。何の経験も資格もなければ、今はどこも採用をしてはくれないのです。資格や経験があってこそ、会社は必要な人材として採用してくれるのです。ビル管理は地味な仕事ですが、ビルを管理するとても重要な仕事と言えます。同じ場所で長く働き続ける事が出来ますから、安定した人生を送る事が出来ます。ビル管理の仕事をする場合に大事なるのが資格です。危険物取扱者、電気工事士、ボイラー技士などの資格がなければビルの管理は出来ないのです。ビル管理の仕事は資格が多ければ多いほど有利になりますから、一つでも多くの資格を取った方がお得です。